アパート投資となれば一棟丸ごと購入したり、あるいは建設することで高額な資金が必要となります。けれども、そのローンを組む上で必要なのは個人の収入ではなく、物件の収益性となります。どれだけ賃貸需要があるのか、家賃金額と空室率はどの程度かによって審査が通るか否かが決まります。そこで利用されるのが、サブリースとなります。これは管理業者がアパートを一棟丸ごと借り上げることで、空室の有無にかかわらず家賃が振り込まれるものとなります。その安定収入を担保に、建設のための融資を受けるという仕組みです。サラリーマンでも保有できることで人気を集めていますが、自己資金をほとんどかける必要が無いことも注目される理由となります。ただし、築年数が経過することでサブリースの家賃収入が少なくなることに注意は必要です。

アパート購入に役立つサブリースとは

サラリーマンが負担なくアパート投資を行える仕組みとして、サブリースが挙げられます。これは管理会社が一棟を丸ごと借り上げる形で、毎月必ず家賃が振り込まれるというものです。ただし、保険としての意味合いがあるので、周辺相場の家賃よりも安い金額となります。それでもアパートを取得するために借りるローン返済ができれば、負担なく保有できます。さらに毎年確定申告を行うことで税金の還付を受けることができます。家賃を得るための経費として、ローンの金利部分や建物の減価償却費用を計上できるわけです。これが家賃収入を上回ることで、サラリーマンであれば会社で天引きされる税金が還付されることになります。これを家賃収入と共にローンの返済や建物の補修などに充てることができます、

知っておきたいサブリースの注意点について

アパート投資で利用できるサブリースは、定期的に契約更新をする必要があります。その際に、多くの場合には家賃設定金額は下がることになります。これはサブリースに限らず通常の管理による賃借人募集でも同じです。建物が古くなることと、周辺に新しい物件が誕生することで訴求効果が薄まることになります。そのために賃借人がつきにくくなるので、家賃を下げざるを得ないということです。一方でローン返済金額は変わらないので、支払いの負担が増すことになります。そのために、当初の資金計画を、余裕を持った形で立てておくことが大事です。また老朽化に伴って、建物のメンテナンス費用も必要になります。確定申告による税金の還付も次第に少なくなるので、ある程度の頭金を入れた上でローンを組むことが大切です。

劣化対策等級<等級3>を取得するほど、頑丈できれいな建物なので、メンテナンスコストは大幅に抑えられます。 アイケンジャパンの資料・DVDを無料でご覧いただけます。 アイケンジャパンはお客様との信頼関係の向上に努め、日々努力をし続けます。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 99%の入居率を誇る安定感の高いアパート経営が可能です! 管理業務までサポートするアパート投資