知っておきたいアパート投資のリスク

不動産投資の中でも、少ない自己資金で始めることができるアパート投資はサラリーマンにも人気があります。けれども注意をしなければ運用に失敗するケースも少なくなりません。まず資金計画に関する正しい知識を持っておくことが必要になります。さらに利回りを高く維持するためのポイントを押さえておくことも大事です。長く保有するうちにリスクが高まるのがアパート経営です。少ない自己資金で済むからと安易に初めてしまうと、やがて返済が滞ることになります。どのように利回りが変化していくのか、それに対してどのように返済計画を立てれば良いのかを挙げていきます。さらに利回りを高めるためには何が必要なのかを知っておく必要があるので、そのポイントに関しても取り上げていきます。

アパート投資の資金計画の立て方

アパート投資で多いのが、一括借り入れによる建設です。これは管理会社がアパートを丸ごと借り入れて、賃借人がつかなくても家賃を毎月支払うというものです。安定収入が得られることで銀行から借り入れをしやすくなりますし、それが安心感にもつながるわけです。けれども、この一括借り入れは定期的に契約を更新するものですし、築年数の経過と共に家賃設定額は低くなります。つまり利回りは低下していくことになります。そのために、最初のローンを組む時点で、ある程度は家賃が下がることを考慮して頭金も入れることが必要になります。また確定申告で税金の還付を受けられると説明を受けますが、建物の減価償却は早い段階で効果が薄くなります。ローンの金利も経費計上できますが、次第にその効果は少なくなることを知っておくことが大事です。

利回りを高く維持するポイントとは

はアパート経営で避けられないのが、築年数の経過による家賃収入の減少です。これは老朽化に伴って賃貸需要は少なくなりますし、たとえ一括借り上げの契約をしても更新時に家賃は下がります。場合によっては契約打ち切りというケースもある中で、いかに家賃を下げずに済むかがポイントとなります。まず大事なことは建物の管理をきちんと行うことです。経費削減のために安い管理費用で依頼できる管理会社に頼むのは避けた方が無難です。また室内の内装や設備も次第に古く傷んでくるので、適時新しく変える必要があります。周辺の賃貸物件との競争力を考えて、いかに個性的かつ魅力的な内装とすることができるかが重要です。そのためには、単なる管理会社ではなく、アパート投資に精通した専門業者に相談する必要もあります。